【簡単!保険見直し】今すぐお金を貯める力を身に付けよう!!

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

皆さんも保険は加入されている方多いのでは無いでしょうか?

保険と言っても、色々とあると思います。
生命保険、医療保険、自動車保険、火災保険等等他にもたくさんの種類があります。

その中でも加入率が多いのが自動車保険と生命保険と医療保険です。

今回のテーマは、医療保険と生命保険を見直ししてお金を貯めるを実践しましょう

ムームードメイン

この記事でこんな事分かります。
  • 本当に必要な保険
  • 日本の社会保険の凄さ

保険の見直し① 保険の役割とは?

保険は、大損失になることを避けるために必要な備えとなります。

しかし、低い確率の病気に対して将来の安心を買うために加入することはおススメしません。

例えば、40代の男性が死亡する確率は1000人に一人です。これは低確率になります。
ただし、この男性に家族がいたらどうでしょう?定年までに得られた収入が全て無くなるので
この家屋からしたら大きな損害となります。
つまり、この男性の場合には家族への支えとしてのリスクを踏まえて生命保険に加入することは
必須であるといえます。

一方で例えば、「がんになったらどうしよう」と考えている人もいます。しかし、30代〜40代の
ガンになる確率はわずか0.6%となり低確率です。
つまりこのような方の場合は、不安があるのなら保険ではなく貯金に回すほうが得策です。

これは、貯金が100万程度あれば治療費含め生活が出来なくなるという大損失にはなるとは言い難い。
※貯蓄は100万以上あるのが前提ですが、保険に回す分を貯金することが重要になります。

貯金がある程度あれば、皆さんも入っている社会保険でほとんどカバーすると思います。
せっかく、毎月源泉徴収で高い費用を天引きされているので使っていきましょう!

ビートレーディング

社会保険ってすごいんですよ!
社会保険で対応してくれるのが下記の7つですよ

  • 病気、ケガのリスク
  • 障害リスク
  • 死亡リスク
  • 失業リスク
  • 介護リスク
  • 老後リスク
  • 出産費用リスク

すごい手厚い補償ですよね?
つまり源泉徴収で高い社会保険代を支払っているのもありますが、社会保険をベースに考えて
それでもカバーできない分を民間保険で補えうようにするのが節約に繋がります。

社会保険がすごいので保険の本当の意味での見直しをして節約できそうですよね。

ついでに他の生活固定費も一緒に見直して改善しましょう⬇︎⬇︎⬇︎

 



保険の見直し② 必要な保険とは?

低確率と大損失を考えれば、結局の所民間保険で必要なのは3つのみに限定されます。
※40歳男性で調査想定です。

  1. 生命保険
    1. 死亡率:0.1% ※自分が亡くなっても、残された家族が困る場合のみ加入
  2. 自動車保険
    1. 死亡率:0.0039% 確率的には低いが、損害賠償の関係になりますので必要
  3. 火災保険
    1. 死亡率:0.035% 住宅の価値や周囲への損害で必要

  

この3つは、低確率ですけど大損失になる可能性があってこれらを保険なしで
経験してしまった場合は、人生を大きく狂わせてしまいます。
なのでこの様なものには保険が必要となります。

保険の見直し③ 保険のまとめ

基本的に、社会保険制度で最低限保証してくれます。
発生確率が低いけど大損失になり得るものは、民間の保険で補います。
その他のリスクに対応するために保険代を見直した金額を貯金に回してそれで対応させる。

本当に必要な保険が分かった所で、さらに追い討ちをかけて通信費の見直しもしてしましましょう。⬇︎

 

喜ばれるギフトに

社会保険制度を有効的に使用し、節約して心を豊かにしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました